• トップページ
  • ごあいさつ
  • 債務整理とは
  • Q&A
  • サラ金クレジット被害についてよくあるご質問にお答えします。
  • アクセスマップ
  • ガイダンス
  • 解決事例の紹介 これまでの解決事例をご紹介します。
  • ブログ 最新情報や事件解決に当たっての弁護士の本音など
愛知県弁護士会名古屋法律相談センター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅3丁目22番8号
大東海ビル9階

電話番号 052-565-6110

 アクセス情報はこちら
愛知県弁護士会名古屋法律相談センター
QRコード携帯でも当サイトを
ご覧いただけます。
アドレスを携帯電話に送る

解決事例の紹介

1.自己破産の事例

Aさん(30歳代・男性)は、独身のサラリーマンです。小学校時代の親友が、事業を始めるというので、軽い気持ちで連帯保証人になったところ、親友が事業に失敗し、夜逃げをしてしまい、債権者から請求を受けるようになりました。会社にも電話で取り立てが来るので、毎月の給料から返済していたのですが、出費が多い月には、消費者金融業者からお金を借り入れて、返済に回していました。しかし、「どうして自分が借りたお金ではないのに、いろんなものを切り詰めて、苦しい思いをしてまで返済しなければいけないのか。」という思いなどもあり、一括返済を狙って、ネットワークビジネスやギャンブルに手を出してみました。しかし、その狙いは外れ、気がつくと、借金は総額で600万円になってしまい、どうしていいかわからず、弁護士に相談することにしたとのことでした。

当初、破産の申立費用が安価な手続(同時廃止)で申立てをしたのですが、裁判所からは、ギャンブルで作った借金が多額であることを重く見られ、20万円(予納金)を裁判所に納める手続(少額予納管財)の手続ということになりました。予納金については、消費者金融業者から回収した若干の過払い金を念のため預かっており、それに、弁護士が受任して支払がストップしたときから、毎月積み立ててもらっていたお金とボーナスを足して、納めることができました。

その後、破産管財人の弁護士から、軽い気持ちで保証人になってしまったことやギャンブルに手を出してしまったことなどについて、キツイお灸を据えられたようですが、無事、免責決定を受けることができました。

解決事例一覧へ戻る

Copyright© Aichi Bar Association all rights reserved.